社長メッセージ

DSCの使命とは

当社、大和証券ビジネスセンター(DSC)は、大和証券グループが提供する金融商品・金融サービスのバックオフィスを担う会社として1988年に設立しました。

私たちの社会的使命は、大和証券グル-プにおいて、バックオフィスを担う会社として国内最高水準のサービスを提供し、経済の発展と豊かな社会の創造に貢献することです。
大和証券グループは日本全国に広がる店舗網と、世界各国・地域の拠点を中心としたグローバルネットワークを有する総合証券グループです。そのバックオフィス部門として大きな責任を感じながら仕事ができることは、DSCで働く醍醐味であり、魅力といえます。

私たちをとりまくビジネス環境では、新しい商品・サービスが次々とリリースされ、グローバルな制度や枠組みも、さまざまに変化しています。こうした目まぐるしい環境変化に対応するためには、私たち自身がそうした変化に迅速かつ柔軟に対応していくことが重要になります。今後もつねにアンテナを張り巡らし、新しい発想によって改革を進め、効率的で信頼性の高いバックオフィスのプロフェッショナル企業を目指していきます。

事務のプロフェッショナルとは

皆さんは『事務』とはどのような仕事だと思っていますか。
定型的な業務をイメージする方も多いのではないでしょうか。ところが実際は、とても奥深いフィールドが広がっているのです。例えば、大和証券に開設されている300万にも上るお客様の口座管理をどのように実現するか、日々数万件行われる国内外の証券決済をどう確実に履行するのか等々、専門知識を駆使した判断が求められる仕事が数多くあります。

私たちの業務は実に多彩です。入社後は定期的なジョブローテーションにより知識の幅を広げていただきますが、数十年キャリアを積んでも全ての仕事を経験することができないほど、業務内容は多岐にわたっています。

奥深く、広い事務の世界で、プロフェッショナルとして活躍していくためには、「自ら考える力」と「知識・スキル」を身につける不断の努力が大切です。人材はDSCの資産であり、原動力。DSCは、幅広い教育研修制度や自己研鑽へのサポート体制を充実させ、意欲のある若手社員を心から応援しています。
もちろん、最初から高度な専門性を身につけている必要はありません。皆さんに何より期待することは、事務のプロフェッショナルを目指す情熱と、何事にも明るく前向きに取り組む姿勢です。

ワーク・ライフ・バランス推進のために

ワーク・ライフ・バランスという言葉が世の中に浸透し、企業が社員の働き方について考えたり、制度を整えたりすることは、いまや当たり前となりました。その中でも大和証券グループは早くから、「全ての社員がモチベーション高く働き続けられる環境」を整備するため、様々な施策を実施してきました。現在でも新しい制度の導入はもちろんのこと、制度をより使いやすくすることに注力し、高次元のワーク・ライフ・バランスの実現を目指しています。

女性社員が6割を占めるDSCでは、女性のキャリア支援研修、ワーキングマザーを対象とした社内イベントの実施など、仕事と育児の両立を支援する制度の拡充や女性の活躍推進にも積極的に取り組んできました。2018年10月には、社内にワーク・ライフ・バランスを推進する専門組織を設置しました。これは、女性の活躍をこれまで以上に支援するとともに、性別を問わず若手もベテランもイキイキと働き、意欲ある社員に応える会社として前進していくためのものです。今後も社員一人ひとりが最良のワーク・ライフ・バランスを実現しながら最大限の能力を発揮できるよう、環境整備に取り組んでいきます。

幅広い事務サービスを提供する大きなフィールドと、社員が成長し、輝き続けられるステージが皆さんを待っています。事務のプロフェッショナルとして、またビジネスパーソンとして魅力ある人材へ成長していきたいという情熱を持った皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

幅広い事務サービスを提供する大きなフィールドと、社員が成長し、輝き続けられるステージが皆さんを待っています。証券事務のプロフェッショナルとして、またビジネスパーソンとして魅力ある人材へ成長していきたいという情熱を持った皆さんとお会いできることを楽しみにしています。