社員紹介

参考書のないビジネスへの挑戦

外国証券決済部の債券代理事務グループのグループ長として、2つのチームをまとめています。当グループの主な業務は外国債券の利金・償還金の支払です。お客様の資産形成に直接関係する取引であり、大和証券グループの信用に関わる大変重要な業務です。

外国債券市場では、市況に応じた新しい仕組みの債券が次々とリリースされ、その形態は実に多種多様です。また、外国債券を保管する海外の銀行(カストディアン)に対する手続きも各国によって異なります。こうした中で私たちが正確にお支払いを行うためには、これら全ての知識や手法を深く、正しく、そして速やかに理解することが要求されます。しかし、利金・償還金を正しく支払うためのノウハウが書かれた書籍やインターネットのサイトがあるわけではありません。いわば参考書のない仕事を、どう組み立て実行していくか、そこが難しく、また面白いところです。

社員の成長を育む人間関係の良さ

当社の社員は、協調性があり、気質的にやさしい人が多いと思います。チームで仕事をしていくので、みんなで働きやすいチームを作っていこうという思いは共通していると感じられます。私はいま14名の部下をまとめていますが、話をしやすい、相談をしやすい上司でいることを心がけています。そのためには、どんな意見であっても最初から否定するようなことはせず、なぜそう思うのか同じ立場に立って話を聞くようにしています。それが部下の成長の糧になると考えていますし、「こういう見方もあるのか」と逆に教えられることも多くあります。人間関係の良さが精神的なゆとりや若手の成長に繋がっていると、自信をもっています。

 

 

抜本的改革に挑むチームの指揮官として

2014年からグループ長として、業務量の急増に対応するための運営体制の見直し・改善を指揮してきました。当時はまだ、手作業による事務処理が多くあり、それが業務を遂行する上で大きな負荷となっていました。そこで運営体制を見直し、負荷の大きい業務のシステム化や、グループ員が互いにサポートできるようジョブローテーションを継続的に行いました。その結果、皆の努力もあり、これらの施策は大きな効果を発揮し、業務負荷の大幅な削減に成功しました。これらの活動は自分にとっても、グループ員にとっても大きな自信になったと思います。もちろん、いまでも新しい案件や事務フローの見直しを要する案件は数多く生じます。システムで言えば設計図の前段階、「事務フローを作る」仕事に携われるのは、当社ならではのメリットだと思います。

 

<就活生へのメッセージ>

就職活動中は、会社の規模や知名度など見栄えの良いところに目がいきがちです。もちろん就職先を選ぶ上では大事な条件ですが、より大事なのは、その会社の方針に魅力を感じ、理念や価値観に共感できるかだと思います。入社後、自分が希望する部署に配属されるとは限りませんし、やりたい仕事の担当になれるとも限りません。仕事ですから、時には意に染まないこともあると思います。そうしたとき、自分を支える力になってくれるものが、自分が共感したその会社のスピリットだと思います。

他のメンバーを見る