社員紹介

コミュニケーション能力が生かせる事務

私が在籍している持株事務部は、大和証券に口座を持つさまざまな企業の持株会を管理しています。各持株会の株の購入資金や、会員に配分する株の計算などを専用のシステムを使って行うのがメインの業務。一方で、会の事務局の方と直接電話でやりとりすることも多く、事務の会社である当社の中では珍しく、外部との接触が多い部署です。

チームのメンバーは、一人当たり80〜100の持株会を担当し、それらを同時進行で進めています。一つのミスが、何百何千という会員の資産に直結するので責任は重大。そのため、業務を進める上では上司や大和証券の担当部署と密に連携し、情報を精査することが欠かせません。社内外問わず幅広い人たちと円滑にコミュニケーションを図ることが、業務の質の向上につながる仕事といえます。

 

成長を後押ししてくれる環境でキャリアアップを目指せる

事務職というと、パソコンに向かってそれぞれがカタカタ──というイメージが強かったのですが、当社は社内全体に互いに声を掛け合う風土が根づいています。和気あいあいとした柔らかな雰囲気であふれていて、働く人たちも明るくてコミュニケーションが得意な人が多い印象。特に私がいる職場は外部と関わる機会も多いため、人と話すのが好きな私にとって理想的な環境でした。

今年からは、新人を教育するチューターを担当させてもらっています。入社3年目ですから、ついこの間までは教わっていた私が早くも後輩を指導するわけです。戸惑うこともありますが、教えることで自分の至らない部分を発見することも多く、自分自身の成長にも繋がっています。おかげで最近では、「いつかチーム全体を引っ張っていけるようなリーダーになる」という目標も見つけました。福利厚生の制度が充実し、その活用率も非常に高い当社では、ライフイベントがあっても長く働き続けることが可能なので、女性でも長期的なキャリアプランを描けることも魅力の一つだと思います。

入社の決め手は、就活時に誠実に向き合ってくれたこと

就職活動時、当社よりも先に内定をいただいた企業はありましたが、面接中に他の企業について口にするのって抵抗ありますよね。でも当時の採用担当は、私から他社について優しく聞き出すと、その企業や業界の情報を教えてくれて、親身に相談に乗ってくれたのです。面接官としてだけでなく、個人として私と向き合ってくれていると感じました。その時、自分の中にあった迷いとか不安が解消されて、「この会社に入りたい」と心から思うようになりました。

 

<就活生へのメッセージ>

就活では、大手の有名企業などに意識が向かいがちですが、会社名より実際に自分の目で見たこと、面接を通して感じたことを大切にしてほしいと思います。1番大切なものは自分の価値観──とすれば、最適な会社が見つかりやすくなるはずです。

他のメンバーを見る